皮膚科ならどこでも安心というわけではありません!

wqwqdyj
皮膚科に通うという方法もあります。
大体の人は、まずは治療薬を購入して治らない…そこで悩んでから皮膚科に行く場合が多いです。
それも順番としては間違いではありません。
自分で購入した薬で治るのなら、それも一つの方法です。

購入した薬を持参

皮膚科に行く時には、自分が購入した薬を持参するようにしましょう。
そして自分の肌質についても、説明をするようにした方が良いのです。
医師の方から聞いてくれることもありますが、自分から言わないと聞いてくれない医師もいるでしょう。
せっかくニキビの治療薬を購入したのですから、それが本当に合うかどうか使い続けて良いのかなどを、聞いてみると良いでしょう。
それよりも良い薬があるということや、他の治療方法などを医師が教えてくれることもあります。

皮膚科で処方された場合

皮膚科で処方された薬が100%効果があるとは限りません。
それも使用してみないと分からないものなのです。
根本的治療をしてくれるような皮膚科であることが、とても必要です。
それをしてくれないのなら、その皮膚科ではない皮膚科を探した方が良いかもしれません。

生活習慣についてのアドバイス

皮膚科の医師によっては、生活習慣をどうしたら良いのかというアドバイスをしてくれることもあるのです。
それによって、ニキビの出来にくい肌になることが出来るかもしれません。
その辺りを詳しく一緒に考えてくれるような医師が理想的ですね。

患部をちゃんと診てくれない医師の場合

中には、患部をきちんと診察することなく、ステロイド系の薬を処方して、処方の仕方も教えてくれない医師もいるのです。
医師が出してくれたから大丈夫!と思い込まずに、使用を少ししておかしいようなら、別の皮膚科を受診すると良いですね。
ニキビを治す薬は、ドラッグストアにも売っています。
まずはドラッグストアで、自分に合いそうなものを購入して試そうという人も、多いのではないでしょうか。

どういう薬が合うのか

自分に合う薬が分からない場合には、ドラッグストアの薬剤師に相談をしてみると良いでしょう。
それでも一度使用してみて、ヒリヒリしたり違和感を感じた場合には使用を控えた方が賢明でしょう。
無理をして使用を続けることにより、ニキビが悪化することもあるのです。
それだけではなく、他の肌荒れを起こす可能性もあります。
全ての人に効果のあるニキビ治療薬というものは、本来は無いと思っても良いでしょう。

ニキビの種類にもよります

自分のニキビがどのような種類のものなのか、それによっても選ぶ薬が変わってくるのです。
そのため、ネットで調べて購入したりドラッグストアで適当に購入することは、あまりお勧めできません。
きちんと自分の今出来ているニキビに合う薬が必要だからです。
合わない薬を塗ることにより、悪い影響もありますので、気を付けた方が良いでしょう。

大人ニキビと思春期ニキビについて

大人ニキビと思春期ニキビについても、それぞれに合う薬があります。
そして薬が一番効果的な治療法ではない、ということもあるのです。
なんでも薬を塗れば治ると思うのは間違いかもしれません。
薬よりも効果のある治し方を、自分自身で調べてみるのも良いのではないでしょうか。

表面的にだけ治す場合も

根本的な治療になっていないような薬の治療は、またニキビが出来て、薬で治してということを繰り返すことになります。
それは、あまり良いことではありません。
ニキビ跡が残るようなこともあるかもしれないのです。
自分にとって、根本的治癒になる方法がベストでしょう。

更新情報